社会人のための博士後期課程早期修了プログラム

社会人のための博士後期課程早期修了プログラム

早期修了プログラムにより最短1年で博士号を取得

一定の研究業績や能力を有する社会人を対象に、標準修業年限が3年である博士後期課程を『最短1年で修了し課程博士号を取得させるプログラム』として、”頑張る方”を大学として応援するものが「早期修了プログラム」です。

最短1年での修了には、3年分の教育研究を1年で実施する必要があります。皆様が既に有している研究業績を1年で如何に博士論文としてまとめることができるか。入学してからの1年は、相当厳しい反面、充実した生活になると思います。 皆様の頑張りを大学全体で応援します。

本プログラムは、最短1年で博士号を取得できるよう応援するものですが、 安易に早期の修了を認めるものではありません。そのため、本プログラム自体の評価を行うことで、授与する博士の学位の質を保証してゆきます。

【早期修了プログラム関連情報】全学HP研究群HP

早期修了プログラムを履修するためには

早期修了プログラム履修希望者は、合格発表後、入学手続き(3月下旬の予定)までの間に、当学位プログラム指定の書類を提出しプログラム適用の審査を受けることになります。

当学位プログラムの指定する書類は、概要、業績リスト、達成度に関する自己評価書、博士論文の構想等であり、これらの書類を基に「一定の研究業績」を有する者か否かを判断します。なお、必要に応じて面接を課すことになりますが、審査及び審査手続き書類の詳細は、合格通知書と一緒に送付いたします。

この審査において早期修了プログラムの履修が適当でないと判断された場合は、通常の入学として取り扱われますので、課程修了のためには、標準3年の在学が必要となります。ただし、通常の入学となった場合においても、在学中に優れた研究業績を挙げたと認められる場合は、従来の早期修了制度の適用が可能となりますので、その場合においては、3年未満(1年半、2年等)での修了が可能です。

達成度評価システムとは

入学時、中間審査(入学後4ケ月以内)及び予備審査(入学後8ケ月以内)等の3ステージ以上において、課程博士の学位に相応しいレベルに達しているかを評価するシステムです(下図参照)。

【達成度評価】

課程博士の学位に相応しいレベルに達しているかを確認するために、達成度を以下の7項目に分類し、上記の3ステージ以上において、学生の自己点検及び教員による評価を行います。
①知識・能力(専門分野基礎知識)、②知識(関連分野基礎知識)、③分析力(現実問題に対する分析力)、④教養(広い視野)、⑤総合力(問題設定解決能力)、⑥表現力(コミュニケーション能力と国際的通用性)、⑦総合力(学術的成果)

早期修了_図1

対象とする方

一定の研究業績を有する社会人

入学時期

毎年4月

履修審査に必要な書類

審査日程などはシステム情報工学研究群入試案内に記載されております。

FAQ

博士後期課程と博士課程はどう違うのですか?また、博士前期課程でも博士号は取得できるのですか?
一般的に大学院は修士課程、博士課程と呼ばれていて、修士課程を修了後進学するのが博士課程です。本学で実施する「博士後期課程早期修了プログラム」は、修士課程修了者が進学するいわゆる博士課程です。博士前期課程はいわゆる修士課程ですので、博士号の取得はできません。なお、博士前期課程、博士後期課程というのは、大学院5年を前期2年、後期3年に区分して設置したものであり、設置上の区分の名称です。
修士号を取得していないのですが入学できますか。
博士後期課程の入学資格は修士取得ですが、修士同等での入学も可能です。出願前に当該研究科の出願資格認定審査において、「本学において修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認められる者」と判定された場合は、修士同等として入学試験を受験することができ、合格した場合、博士後期課程に入学することができます。
対象が「一定の研究業績を有する者」とありますが、どれくらくいの業績が必要ですか。
研究群・学位プログラムによって異なりますが、概ね2編以上の査読付き学術論文が必要です。詳細は、研究群連絡先にお尋ね下さい。
1年で取得した博士号は、質が低いという評価になりませんか。
本プログラムでは、課程博士の学位に相応しいレベルに達しているかを個々の学生毎に評価する「達成度評価システム」において定期的に検証するとともに、外部評価委員会を設置し学位授与プロセス全体を第三者が評価することで、博士号の質及び社会的評価の確保を行なうこととしており、同等もしくはそれ以上の質(水準)を有するとの評価を受け得るものと考えています。

体験談

早期修了プログラムで博士号を取得されたY氏(エンジニアリング会社勤務,当時40才代)に体験談を語っていただきました。

指導教員と副指導教員の適切な指導

専門性の高い内容について考えを進める際に、会社、学会などと異なり、教員と学生という関係で議論することができ、一層濃い検討ができると実感しました。

また、一人の教員のみならず、圧縮性流体の問題を専門とする研究者5名が指導教員、副教員として多角的な視点で高い指導をしていただいた結果、より研究自体議論が深くなったと考えております。この点が、研究の達成においても、また学位論文の取り纏めにもたいへん役に立ったと感じています。

仕事で海外の技術者と折衝する機会が多かった

業務上、海外の技術者との折衝が多く、学位取得の必要性を感じていました。海外の政府機関、テクノラートなど関係者の学位の保有率は高く、その点でも学位の取得は、業務の遂行上にも有意義なものになると考えています。

長年あたためてきたアイデアを

業務負荷の波や海外出張等、業務の関係から、一般の博士課程にのように3年間連続した期間で研究を継続し、論文博士を取り纏めのは難し状況にありました。

一方、業務の合間を縫って長年に渡って学会に発表をして来た成果を、一年で取り纏めることが出来る本コースは、業務と研究が直接にリンクしてない私には大変有難い制度でした。

長年の研究の成果を一年の期間で集中して取り纏める事が出来、大学及び指導教員の皆様に感謝しています。

一年であれば業務も勘案しつつ、緊張感を保ちながら研究の取り纏めが出来る適当な期間だと考えます。

PAGE TOP