科目一覧

【注意・重要!!】 以下の全ては、構造エネルギー工学学位プログラム所属学生(2020年度以降入学生)対象の情報です。構造エネルギー工学専攻所属学生(2019年度以前入学生)は、以下の科目を履修してはならず構造エネルギー工学専攻開設科目を履修してください。ただし、学位プログラム開設科目は専攻開設科目とコードシェア形式をとりますので、科目番号が異なるだけで、実質的に同一内容の学修が可能です。

構造エネルギー工学学位プログラムが開設している科目の時間割・講義一覧は以下の通りです。

 

博士前期課程

履修関連情報

毎学期、「履修・研究等計画表」と「コンピテンス計算表」の提出を義務付けます。manabaのコース「学務関連(構造エネルギー工学)」の「コースコンテンツ」および「レポート」を参照してください (年度当初にmanabaのコースをお知らせします)。

履修方法

  1. 学位プログラム科目群専門科目の必修科目12単位及び選択科目18単位以上を履修し、計30単位以上を取得すること。
  2. 修了要件は、上記の計30単位以上を取得し、修士論文の審査及び最終試験に合格することである。最終試験は達成度評価による。
  3. 専門分野は、「固体・構造系」「流体・環境系」「電気・エネルギー系」の中から選択する。指導教員とも相談の上、決定すること。選択する分野によって、達成度評価に関わる専門科目のコア科目、準コア科目等の分類が異なる。
  4. 他研究群開設科目、学術院共通専門基盤科目及び大学院共通科目については、合計10単位までを課程修了に必要な取得単位に含めることができる。ただし、その場合には、事前に指導教員の了承を得るものとし、「履修・研究等計画表」に記載する。
  5. コア科目と準コア科目は、要望があれば英語で講義を行う。
  6. 2019年度以前入学生は、学位プログラム開設授業科目ではなく、専攻開設科目を履修のこと。
  7. 開設科目のシラバスは、KdB (教育課程編成システム) より確認すること。

博士後期課程

履修関連情報

毎学期、「履修・研究等計画表」と「コンピテンス計算表」の提出を義務付けます。manabaのコース「学務関連(構造エネルギー工学)」の「コースコンテンツ」および「レポート」を参照してください(年度当初にmanabaのコースをお知らせします)。

履修方法

1.学位プログラム科目群専門科目の必修科目8単位及び選択科目2単位以上を履修し、計10単位以上を取得すること。なお、学生の過去の履修歴を勘案した指導教員の承認を条件として、博士前期課程の科目を履修し、修了要件に含めることができる。博士前期課程の科目を履修し修了要件に含める場合には、必ず指導教員の許可を得ること。

2.他研究群開設科目、学術院共通専門基盤科目及び大学院共通科目については、その2単位までを課程修了に必要な取得単位に含めることができる。 ただし、その場合には、事前に指導教員の了承を得るものとし、「履修・研究等計画表」に記載する。

3.修了要件は、計10単位以上を取得し、博士論文の審査及び最終試験に合格することである。最終試験は達成度評価による。

4.開設科目のシラバスは、KdB (教育課程編成システム) より確認すること。

履修の手引き

基本的な履修方法

本学位プログラムの博士前期課程の履修方法については、大学院博士課程便覧を熟読ください。

専門科目の分類

本学位プログラムの専門科目は、基礎から応用への流れに応じて、「コア科目」「準コア科目」「先端応用科目」に分類されます。博士前期課程では、選択する専門分野によって科目の分類が異なります。

各専門分野でのコア科目は基礎的な科目となりますので、1年次のうちに履修することを推奨します。

その他、履修すべき科目の詳細については、KdBでシラバスをよく読んで、指導教員と相談してください。

専門科目 コア科目 固体・
構造系
構造力学特論
固体力学特論
振動学特論
流体・
環境系
流体力学特論1
流体力学特論2
電気・
エネルギー系
エネルギーシステム原論
電磁エネルギー工学
準コア科目  

※ 選択専門分野で異なる

 

先端応用科目 その他の科目

 

PAGE TOP