神津俊介氏が電気学会開閉保護研究発表賞を受賞

博士前期課程2年の神津俊介氏(藤野貴康准教授指導)が、電気学会開閉保護主催のThe 11th International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2018)での 論文発表”Magnetohydrodynamic Analysis of Polytetrafluorethylene Thermal Arc Coupled with P-1 Radiative Analysis”により、 今年度の電気学会開閉保護研究発表賞を受賞しました。同賞は、電気学会開閉保護技術委員会主催/共催の研究会中、 開閉保護関係のセッションで論文を発表された35歳未満の若手研究者の中から、審査の結果、優秀であったと認められた数名に対し授与されるものです。

PAGE TOP