鮎貝崇広 氏らの論文が Student Paper Prize in Physical Acoustics at 178th Meeting of Acoustical Society of America を受賞しました。

 博士前期課程2年の鮎貝崇広 氏 (金川哲也 助教 指導) が筆頭著者の論文が、178th Meeting of the ASA (Acoustical Society of America) において、Student Paper Prize in Physical Acoustics (Second Place) を受賞しました。
 第178回米国音響学会(会員数約7500名)の秋季大会(米国サンディエゴ)における学生発表者は、大会後、発表内容を精査の上、Proc. Mtgs. Acoust. 誌へ、任意での査読付論文投稿が可能となります。本表彰は、当該論文の内容に対する表彰であり、本大会においては、物理音響部門から2編が選ばれました。
PAGE TOP