石塚怜央奈氏と加賀見俊介氏が日本機械学会茨城講演会優秀講演賞を受賞

博士前期課程2年の石塚怜央奈氏、博士前期課程1年の加賀見俊介氏(いずれも金川哲也助教指導)が、
日本機械学会茨城講演会(2021年8月19日)において、優秀講演賞を受賞しました(受賞日:2021年9月30日)。石塚氏の講演題目は「2種類の大きさの気泡を無数に含む水中圧力波の非線形理論解析」、加賀見氏の講演題目は「マイクロバブル増強型の強力集束超音波治療に向けた数理モデルの構築」です。本講演会において優秀な発表を行った日本機械学会あるいは共催学会に所属する30歳未満の発表者96名のうち、上位1割の9名が表彰されました。

PAGE TOP