菊地勇成氏と金川哲也助教の論文がJapanese Journal of Applied Physics誌のSpotlightsに選出

菊地勇成氏(博士前期課程2年、金川哲也助教指導)と金川哲也助教が執筆した、Japanese Journal of Applied Physics誌(Impact Factor = 1.376、IOP Science発行)への掲載論文が、公益社団法人応用物理学会の論文誌企画・編集委員会により、当該ジャーナルのSpotlightsに選出されました。当該論文は、超音波医療用の造影剤気泡への応用のために、粘弾性膜で覆われた気泡を多数含む液体中における超音波の非線形伝播特性を、固液気の三相連続体力学の観点から、理論的に調べたものです。

 

Kikuchi, Y. and Kanagawa, T., “Weakly Nonlinear Theory on Ultrasound Propagation in Liquids Containing Many Microbubbles Encapsulated by Visco-Elastic Shell,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, SDDD14 (2021).

PAGE TOP